家族葬の費用ですが、今の時代は、お金が無くても出来ます。火葬のみの式も出来ますし、通夜・告別式・火葬・初七日なども一式出来る式もあります。そもそも家族葬とは、親戚などを呼ばないで、一緒に暮らしていた家族のみで葬儀を行う式の事を言います。自分の払える金額に合わせて式の内容を選んで下さい。プランも沢山ありますので、プランの詳細を見て、金額と内容で照らし合わせて決めて下さい。火葬のみの式ですと、10万円もいかないで1桁の数字の金額で出来ます。昔の様に一通りの儀式を行わないでも、1つだけする(火葬のみ)といった式の形も出来ます。昔の様に、何百万円もかからないで良いですし、時間をかけないで短縮する事も出来ます。そういう内容ですと、金額が葬儀を行えない位の額しか無い場合でも、葬儀が出来る時代になったと言う事になります。

家族葬を考えたときに注意したい点

最近よく耳にするようになった家族葬とは、家族など近親者のみで葬儀を行いそれ以外の社交辞令的な弔問を受けないお葬式をいいます。ただ、家族といってもどこまでを言うのかという認識もそれぞれ違うので、葬儀を家族葬でと決めたら事前にお知らせする相手はどなたまでかということも確認しておく必要があります。そしていざというときに、ぜひ弔問したいと言ってくださる家族以外の方がいた場合、その方に失礼がないように参列をお断りしなければならない場合もあります。普通に誰にでも参列していただく一般的な葬儀と違って参列してくださる方を仕分けしてしまうような誤解を与えることがないように気を配ることが大切です。家族だけでゆっくりと故人を送ることができる家族葬はたくさんの人に気兼ねする必要がないという良い点があります。それ以外の方へのちょっとした気配りの不足であとあとまでしこりが残るようなことが注意したい点です。

家族葬をする人が増えている理由

昔はよく、大きなお寺での、大規模な葬儀を華やかにするという人が多かったのですが、近年では、大々的に葬儀をする人は格段に減り、家族だけでやる、家族葬をするという人々が大変増えています。では、家族葬が増えてきている理由には、いったいどのような理由があるのでしょうか。まず第一に、お年寄りたちがあまりにも長生きする世の中になったため、彼らの知り合いがお葬式にくるということ自体がむずかしくなってきたということが、理由の一つです。葬儀場が遠いということもよくあるため、足腰の悪いお年寄りは、なかなか出向くことができなかったりします。また、葬儀を開くということも、大変な金額がかはかってくることですので、あまり費用のかからない、家族だけで済ませてしまうという、ことも大きな理由です。特に不景気な世の中ですので、この傾向はますます高まっています。