現代社会におきましては、お葬式などの冠婚葬祭に関しましての執り行われ方におきましては、実に多様化しているように感じます。特に葬儀に関しましては、つくづく実感しています。ドンドンコンパクトなお葬式の方法になって来ている様に見受けられます。それは、故人の希望であるのか、遺族の方々の考えであるのかは、分かりませんが、比較的身内だけの、家族葬といった形の形式を取られる方を、一番多く耳にしているように感じます。確かに、本当に静かに送りたいと願っているのは、遺族に方々だと思われますので、弔問の方に気遣い慌ただしく行うことよりも、家族だけで、ひっそりと行う事が、本来の姿かもしれないと考えます。そうした視点に移行してきたことは、とても好ましく理想的ではないかと考えます。ただ、費用に関しましては、意外と、高額になる恐れもあるようですので、気を付ける必要があると考えます。

家族葬についての基礎知識

家族葬とは、遺族や親族、友人などの親しい間柄の人たちのみに参列者を限定した、比較的小規模の葬儀スタイルのことです。社会状況や生活スタイルの変化に合った葬儀スタイルとして、最近人気があると言われています。一般葬と比べた場合、参列者が少ないということや、費用を安く抑えることができるということが特徴だと言えます。また、参列者が限定されているので、その対応に追われることなく落ち着いて故人を偲ぶことが出来るというメリットもあります。参列者の人数は、10~30名程度が一般的で、葬儀本体にかかる費用(葬儀社へ支払う費用)は50万~60万円程度が相場だと言われています。また家族葬を行う場合は、参列者を限定してしまうため、葬儀が終わった後に、参列できなかった人からの訪問や香典を受けることがあるということも事前に知っておくとよいでしょう。

家族葬には様々な利点があります。

家族葬は遺族や親族、友人など本当に親しい人達のみの少人数で行う葬儀です。本当に家族のみで行う場合もあれば、親族を招いたり、親しくしていた友人が集まる場合もあります。希望される人は心から自分のことを思ってくれてる人に看取ってもらいたいという方が多いです。普通の葬儀と比べて弔問客が少なく、身内が大半を占めるので精神的、体力的な負担が軽くなるという利点があります。食事や香典返しなども少なく済むので金銭面の負担も軽減できます。さらに形式に振り回される必要がないというのも魅力です。ご家族や故人様の希望に沿い、理想とされる形を選ぶことができます。身近な方を亡くされるのは悲しく、つらいでしょう。だからこそ安らかにお別れができるように信頼できる人たちのみで行うことができる家族葬に人気が出てきているのではないでしょうか。