問い合わせ管理ツールの利用を考える

今はどこの企業のウェブサイトにもお問い合わせのフォームがあります。ただ受けるだけではなく、当然その内容を管理しなければいけません。そんな時に問い合わせ管理ツールを利用すると何かと便利です。しかし問い合わせ管理ツールの開発は外注で行うと便利なので、どこかに発注をすることになるでしょう。

専門の開発企業に依頼をすると便利ですが、どこがいいのか、どこであればアフターフォローもしてくれるのか、初めて依頼する場合には分からないことが多いです。そんな時には実際に利用をしたことがある人の意見も参考出来る比較サイトをチェックすると便利です。

どんな方法で管理をすることになるのかなども分かるようになっているので、丁寧に対応をしてもらうこともできます。分からないことがあってもすぐに対応をすることができれば仕事もスムーズに進めることができるでしょう。

SmartStage

総合評価 ★★★★★
利用満足度 ★★★★
サービス内容 ★★★★★
利用しやすさ ★★★★
情報充実度 ★★★★★
POINT
大手企業において採用され運用されている
すぐに導入できるので短期間に効果が得られる
ノンプログラミングでの変更に対応

社内システムにおけるトラブルなどはそれなりにあり、その都度の対応は業務を停滞させます。SmartStageの問い合わせ管理ツールは他社製品と比較してより大手企業などに導入されていて、運用実績があるメリットがあります。

社内システムは必須でありながら、あくまでも業務をサポートする立場にあります。SmartStageの問い合わせ管理ツールは他のシステムと比較してスピード導入が可能です。業務改善できたかどうかをすぐに実感することができます。

問い合わせ管理ツールを使って社内の業務を改善したいと考えるかもしれません。ただ一から作るとなると費用も時間もかかり、変更も大変です。SmartStageのシステムはノンプログラミングでの導入ができ、変更もしやすくなっています。

メールワイズ

総合評価 ★★★★
利用満足度 ★★★★
サービス内容 ★★★★
利用しやすさ ★★★★★
情報充実度 ★★★★★
POINT
メールが多くても楽に対応できる
メールを間違って送信するのを防止できる
メール業務を画一的にして品質保持

メールワイズの問い合わせ管理ツールはメールが大量でも簡単に処理できます。採用や問い合わせのメールは、数が多く対応を間違えると大変なことになりかねません。メールワイズならメールを担当者全員が共有することができるので、従来のメール管理ツールに比較して多くのメールに対応できます。

メールワイズの問い合わせ管理ツールは、メールの誤送信を防止できます。多くのメールを担当者全員で対応していると、他の担当者がすでに返信したのかしてないのかが分からない場合がでてきます。メールワイズはメールの処理状況を一覧画面で確認することができるので、二重送信や未返信を防ぐことができます。

担当者が複数いると対応に個人差がでることがあります。メールワイズはテンプレート機能があるので、誰でも同じように適切な対応が可能です。担当者が異なっても、対応に差が出ないのでメールの品質を保つことができるのです。

All Gather CRM

総合評価 ★★★★
利用満足度 ★★★★
サービス内容 ★★★
利用しやすさ ★★★★★
情報充実度 ★★★
POINT
顧客からの問い合わせを管理できるツールを提供してくれる
サポート担当の負担をしっかりと減らせる
進捗管理が簡単にできるようになる

顧客から問い合わせがあったときに、確実かつ効率的に返答ができるツールを提供してくれるのがAll Gather CRMです。問い合わせを全体で共有と管理ができるようになるため、よりよいカスタマーサポートが行えます。

All Gather CRMの問い合わせ管理ツールを利用すると、サポート担当の毎日の業務の負担を、しっかりと減らすことができます。その日の活動実績のデータを利用するので、比較的楽に日報制作を行うことが可能です。

進捗状況を確認できるようになるため、問い合わせへの管理が簡単になります。設定次第では、フォローしていない問い合わせへの警告も設定できるので、より便利に活用できます。

パイプドビッツ

総合評価 ★★★★
利用満足度 ★★★★
サービス内容 ★★★★
利用しやすさ ★★★★
情報充実度 ★★★★★
POINT
任意の対応ステータスで管理できるシステム
問い合わせへの返答を忘れないためのリマインドメール
ワンランク上のサポートを受けられる

パイプドビッツは、一覧表で管理できる問い合わせ管理ツールを提供してくれる会社です。一覧表のそれぞれの情報に任意のステータスを設定できて、全員で共有できるため、問い合わせへの返答をバッチリと効率化できます。

問い合わせに返答せずに放置していると、それを伝えるためのメールを届けてもらうことが可能です。そのシステムはリマインドメールと呼ばれていて、対応忘れをしっかりと防いでくれるため余計なトラブルを防げます。

パイプドビッツでは他社と比較して、ワンランク上のサポートを提供してくれます。ユーザーデスクがあるので、困ったことがあれば、そちらに連絡することで素早く解決できます。

富士ゼロックス

総合評価 ★★★★
利用満足度 ★★★
サービス内容 ★★★★★
利用しやすさ ★★★★
情報充実度 ★★★
POINT
導入後の効果がイラストで分かる
お問い合わせと資料請求はウェブサイトから可能
ウェブサイト上で価格例も確認できる

富士ゼロックスの問い合わせ管理ツールを導入するメリットは、公式ウェブサイト上でイラストを使って説明されています。イラストには導入の前後の比較が載っているので、どのような効果があるのか一目瞭然で分かります。

ウェブサイトには、問い合わせ管理ツールに関するお問い合わせと資料請求が簡単に行えるように、専門のフォームが設置されています。1000文字まで入力可能なので、分からないことがあるのなら、すべて聞いてみましょう。

富士ゼロックスの問い合わせ管理ツールの費用が知りたい場合は、価格例を見てみれば、大体の料金を推測できます。スタンダード構成やライト構成など載っているので、費用を知りたいなら目を通してみましょう。

リレージョン

総合評価 ★★★
利用満足度 ★★★★★
サービス内容 ★★★★
利用しやすさ ★★★★
情報充実度 ★★★
POINT
利用者の満足度が高い管理システム
完全無料なので導入コストが必要ない
時系列表示可能なので操作がスムーズ

問い合わせ管理ツールのリレージョンは誰でも馴染むことができるシステムとなっており、初めてこのシステムを利用しても簡単に活用できる点が魅力です。そのため多くのユーザーから支持されており、他のシステムと比較して利用者の満足度が一番高いサービスとなっています。

このシステムの魅力的なポイントはすべての利用プランが無料となっており、導入コストが一切かからない点です。完全無料であっても多角的に顧客のメールを管理することが可能で、各種の業務に運用できるので多くの企業が導入しています。

タイムライン機能を活用すればメールの管理を時系列で表示することが可能となり、各種の作業を一気に効率化することができます。これらの閲覧機能は様々な形にカスタマイズできるので、今までの管理システムからスムーズに移行できます。

問合せ管理ツールの選び方について

お客さんからの問い合わせに関して管理することは、経営をする上でかなり重要なことですが、人が管理しているとどうしても人為的なミスも起きてしまいます。ミスを防ぎ手間もかけないために役立つのが、問合せ管理ツールです。クラウドでメールや電話での問い合わせを一元で管理できるのはもちろんのこと、社員で共有できるようになり、対応漏れをしたり二重で対応してしまうといったようなミスを防止することができます。近年ではチャットにも対応していたり、様々なオプションでサービス内容がより充実している問合せ管理ツールも増えており、どれを選ぶのかにより使い勝手の良し悪しやお客さんの満足度に間違いが生まれることになります。数多くの問合せ管理ツールがあるからこそ、よく比較して選ぶことが大切です。

問合せ管理ツールの場合には、数多くの種類があり比較ポイントも多岐に渡りますが、その中でも比較しやすく気になるポイントとなるのは、やはり金銭面の違いではないでしょうか。問合せ管理ツールには、無料のものもあれば有料のものも存在しています。コスト削減を図るのであれば、無料のものから選ぶべきですが、いくら無料でも役に立たないツールを導入しても無意味となってしまいます。それと同様に、オプションが充実しすぎていて使いこなすことができないとなれば、不便に感じてしまうのではないでしょうか。そうならないためにも、シンプルな操作であり誰でも簡単に理解できるものを導入することも一つの手段だということも頭に置いておくようにしましょう。基本的なのは無料でもオプション追加で有料となるものもあるので、比較してよく考えるべきです。

問合せ管理ツールを導入することにより、業務の効率化に繋がりミスも防ぐことができるので、今の時代では欠かせない存在といっても良いのではないでしょうか。それのみではなく、お客さんへの対応の質を向上させることもでき、満足度を高め顧客を増やしていくことにもつながります。一口に問合せ管理ツールといっても、料金の違いや導入に必要となる期間、サービス内容には大きな違いがあるので、よく比較してから選ぶということが大切になってきます。ツールごとに独自の機能があり、強みにも違いがあるので、まずは抱えている問題や対処するために必要な要素は一体何かを整理し、業務効率に繋がるツールを選ぶようにしていきましょう。導入後に変更するよりも、最初から適しているものを選ぶべきと言えます。

PAGE TOP